L型ブラケットをピークデザインのキャプチャーで使う方法

L型ブラケットをピークデザインのキャプチャーで使う方法 サポート

三脚撮影の際にカメラの構図変更に便利なL型ブラケットを、ピークデザインのキャプチャーでも使えるようにする方法を紹介します。

カメラクリップ キャプチャー CAPTURE – Peak Design

キャプチャーには専用のプレートが必要

まず前提として、ピークデザインのキャプチャーは専用のプレートがないと使えません。ピークデザインのスタンダードプレートやデュアルプレートが必要です。

キャプチャーにはスタンダードプレートとデュアルプレートが必要

キャプチャーには「スタンダードプレート」か「デュアルプレート」が必要

スタンダードプレート STANDARD PLATE – Peak Design

デュアルプレート DUAL PLATE – Peak Design

ピークデザインのプレートはアルカスイス互換で様々な三脚に使うことができますが、逆に他社のアルカスイス互換のプレートでは原則としてキャプチャーに使うことはできません。たまにこの辺りを理解していない人もいるのでご注意ください。

L型ブラケットをキャプチャーで使う方法

L型ブラケットをキャプチャーで使えるようにする方法をご紹介します。

L型ブラケットにプレートを重ね付けする

まず最もシンプルな手段は既存のL型ブラケットにピークデザインのプレートを付けるという方法です。たいていのL型ブラケットは底面に三脚穴が空いています。ここにスタンダードプレートやデュアルプレートをつけましょう。

L型ブラケットの三脚穴にピークデザインのプレートを重ね付けする

 

L型ブラケットの三脚穴にピークデザインのプレートを重ね付けする

これでキャプチャーを使えるようになります。

キャプチャーに装着可能

もちろんL型ブラケットを活用して縦構図に変更することもできます。

L型ブラケットで縦構図に変更

プレート重ね付けの欠点は機材が重たくなることです。

L型ブラケットとデュアルプレートを重ね付け

L型ブラケットとプレートを重ね付けすると100g以上の重量になります。

3 Legged Thing Ellie PD Universal L-Bracketを使う

L型ブラケットで最初から底面部分をピークデザインのスタンダードプレートのような形で設計している製品があります。それが3 Legged ThingのEllie PD Universal L-Bracketです。

現在日本ではなかなか販売の取り扱いがないようで、アメリカのAmazon.comやB&Hなどで注文すれば日本に輸入できます。送料はAmazonのほうが安いみたいです。

種類は通常版と小型版のShortの2種類。カメラの三脚穴からバッテリー穴までの距離が26mm~39mmであればShortを、40mm以上であれば通常版を使うことが推奨されています。

質量は通常版が94g、Shortが90gです(公式サイトの仕様より)。

3 Legged Thing Ellie PD Universal L-Bracket

 

3 Legged Thing Ellie-PD Short Universal L-Bracket

MAGIC PLATEを使う

SILENCE CORNERのMagic Plateはピークデザインのキャプチャーに互換性を持つ小型のプレートです。

Silence Corner Magic Plate

Magic Plateはボタンを押して展開するとL字のプレートに変形して、L型ブラケットのように縦構図へ簡単に移行できます。

Silence Corner Magic Plate

安定性ではほかに紹介した方法に比べて劣りますが、小型で軽量のメリットがあります。

キャプチャーとの互換性あり Silence Corner Magic Plate

キャプチャーとの互換性あり

キャプチャーとの互換性あり Silence Corner Magic Plate

ただしキャプチャーで装着するとカメラの向きが横を向く

詳細は下記の記事にて。

参考:縦構図撮影に便利な”Magic Plate”をレビュー!Peak Designキャプチャーと互換性もあるよ

YouTube動画

公式製品の開発に期待

現状ではピークデザインはL型ブラケットの開発・販売はしていません。ピークデザインの製品開発アンケートでは、キャプチャーとの互換性のあるL型ブラケットも選択肢に入っていたので、将来的に開発されることがあるかもしれません。新商品開発に期待しましょう。

カメラクリップ キャプチャー CAPTURE – Peak Design

コメント

タイトルとURLをコピーしました