カメラクリップ キャプチャー CAPTURE – Peak Design

ピークデザイン キャプチャー カメラクリップ

型番:CP-BK-3 (Black) & CP-S-3 (Silver)
定価:9,900 円 (税込)
公式価格:$69.95 or 7,800円(+送料)
保証:生涯保証(保証内容の詳細

キャプチャーとは

概要

ピークデザインのキャプチャーはカメラをカバンやズボンのベルトに取り付けるための道具です。キャプチャーは「プレート」と「カメラクリップ」のふたつの部品で構成されています。

ピークデザイン キャプチャー 商品内容

プレートはカメラ底面の三脚穴にネジで取り付けられます。そしてカメラクリップはベルトに固定できるようになっています。

ピークデザイン キャプチャーの使い方

そしてプレートがカメラクリップのところにはまるようになっています。プレートをスライドしてクリップにはめるとロックがかかって固定できる仕組みです。

ピークデザイン キャプチャーの使い方

キャプチャーはピークデザインの代表的商品で改良を重ねられています。2019年4月現在、キャプチャーはバージョン3(V3)が販売中です。

固定できる重量は約90kgなのでフルサイズ一眼カメラなど大きくて重量級のカメラでもしっかりと固定できます。キャプチャーを固定できるベルトの幅は最大で6.4cmです。

キャプチャー外観と付属品の写真

ピークデザイン キャプチャーの商品パッケージ

キャプチャーの商品パッケージ

ピークデザインのキャプチャー クリップにプレートをはめた状態

クリップにプレートをはめた状態

上の写真で左側に見える黒いレバーを押し込むとロックが外れてプレートを外せるようになります。

ピークデザインのキャプチャーの表側

キャプチャーの表側

ピークデザインのキャプチャーの裏側

キャプチャーの裏側

キャプチャー付属のボルトネジ

キャプチャー付属のボルトネジ

キャプチャーのカメラクリップのネジは2種類あります。ひと組みは手で回しやすい頭が大きいネジ。もう一組みは六角レンチで固定できる頭の小さいネジです。

カラー

カラーはブラックとシルバーの2種類があります。

ピークデザイン キャプチャーのシルバーカラー

シルバーもかっこいいです

機能

二重ロック

キャプチャーはプレートをクリップにはめるとカチッとロックがかかります。そこからさらにもうひとつ二重でロックをかけることもできます。レバーを手でひねるとロックをかけられる仕組みです。

キャプチャーの2重ロックレバー

写真右下に見えるのが2重ロックレバー。これはロックがかかっていない状態。

キャプチャーの2重ロックレバー ロック状態

レバーを回すとロックができる。レバーの線がずれるのが目印。

プレートはアルカスイス互換の三脚に使える

ピークデザイン キャプチャーのプレートはアルカスイス互換

キャプチャーのプレートは三脚に固定できるようになっています。形状はアルカスイス互換です。様々なメーカーから販売されているアルカスイス互換の三脚(雲台)にセットできます。

もちろんピークデザインのトラベル三脚にもそのままセットできます。

トラベル三脚 TRAVEL TRIPOD - Peak Design
「ピークデザイン(Peak Design)」はトラベル三脚(TRAVEL TRIPOD)を2019年5月21日に発表しました。携帯性と機能性に優れたピークデザイン渾身の新商品です。

レンズキット

ピークデザインから別売りの「レンズキット」を組み合わせるとレンズもキャプチャーで固定できます。対応マウントはキヤノンEFマウント、ニコンFマウント、ソニーEマウントの3種類です。

プロパッド

ピークデザインから別売りの「プロパッド」を組み合わせると腰のベルトにカメラを取り付けやすくなります。

プロパッド PRO PAD - Peak Design
ピークデザインのプロパッドはキャプチャーを取り付けるためのアクセサリーです。腰のベルトにキャプチャーをとりつけるときにプロパッドを通すことでカメラの脱着が簡単になります。 あるいはバックパックのベルトに取り付ける際の緩衝パッドとして使うこともできます。

動画

Capture Camera Clip v3 – Design Deep Dive
Peak Design Capture Camera Clip V3: Setup + Tips

レビュー

わたしは主にエブリデイバックパックに取り付けて使っています。バックパックは重たい荷物でも負担が軽くなるかわりに荷物の出し入れはすこし不便です。その弱点をキャプチャーを取り付けることでカバー。キャプチャーのおかげでカメラを構えたり、手ぶらになったりがスムーズにできるようになりました。

ピークデザインのエブリデイバックパックにキャプチャーを装着

キャプチャーをエブリデイバックパックにとりつけた様子

安全に運用することを考えるとキャプチャーのネジをきちんと強くしめてベルトに固定しておきましょう。使っているうちにネジがゆるむ可能性もあるのでまめにネジがゆるんでいないか確認することをおすすめします。個人的には固定力を重視して六角レンチで締めるタイプのネジを使用しています。手で締める標準タイプのネジよりよりきつく固定しやすいのでより安心です。

またL型ブラケットとキャプチャーをあわせて使いたい人は次の記事をご参照ください。

L型ブラケットをピークデザインのキャプチャーで使う方法

L型ブラケットをピークデザインのキャプチャーで使う方法
三脚撮影の際にカメラの構図変更に便利なL型ブラケットを、ピークデザインのキャプチャーでも使えるようにする方法を紹介します。

商品購入

キャプチャーはカメラクリップとプレートがセットのものが通常のセットですが、クリップのみの商品販売もあります。

クリップとプレートのセット

クリップのみ

プロパッド

コメント

タイトルとURLをコピーしました